私のダイエット体験談

私は20代後半のとき70kgありました(身長は168cmです)。結婚式のときには「これ以上は太らないように気をつけよう」などの温かい?コメントを親戚からいただいたことで、私は体重管理に目覚めました。

シボル

 最初に取り入れたのは運動療法です。休みの日に近くの公園のトラックを20周(約5km)軽く走って汗を流していました。しかし食生活は今まで通り、飲み会は週2回だったので全く体重は落ちませんでした。その後仕事が忙しくなり、食事が不規則&栄養のバランスが悪くなりました。すると疲れがとれない日が続き、職場の同僚から「疲れているけど大丈夫?」と声をかけられるようになりました。

そこで仕事は忙しいが、しっかり家に帰り、食生活と休日の生活を見直しました。具体的には妻に協力してもらい、食べる量を1/2にして栄養バランスの良い食事にしてもらいました。休日は今まで通り、ランニングを続けるとともに毎日体重計に乗り、体重をエクセルで管理しました。すると体重の推移が目に見えるようになると、努力の成果が報われるのと次に何をしたらよいかわかってくるようになりました。

すると70kgあった体重は徐々に減少し、1年後には60kgにまで減少しました。さらに自分は最小限に食事をすれば大丈夫と自己暗示をかけるようにしました。その後さらに減少し、53kgにまで体重が落ちました。これには逆に周りの同僚から心配されてしまったので、現在は60kg前後を推移しています。

今まで20年にわたり体重管理をして気づいたことは、①毎日体重計にのり体重の推移を把握すること②食事はお腹いっぱいまで決して食べないこと、の二つを守れば体重を維持できることがわかりました。みなさまの参考になれば幸いです。

日に焼け戻らないもの

1.ある日気づいた

アスハダの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

夏の暑さにはしゃぎ、海や山や川や様々に戸外で笑い転げていると、日に焼けてしまい色白でなければね!という焼かない女の子の世界からわけのわからないことを言われたりする。若い頃は、そんなことをあまり気にせず日に焼けなかなか戻らないことを深刻には考えなかった。

だが。日焼けばかりでないシミが顔にバン!とでき、仰天した。

そんなバカな!変わらないものとばかり思っていたのだが。憎しみが、わずかな隙に最底辺から浮上してきた!とまるで知恵足らずのように繰り返し述べていたのは一人の老人だった。

できないはずのあり得ないシミは、だが歴然と浮き出ていた。さまざまな美白や八百長のようなことでシミのない顔に戻るのではないかと思っていたのだが、幾年かの後にはシミが浮き出てダメなのだなと思うようになった。今、シミは足に浮き出ている。

素足に罵詈雑言をぶつけた老人は、既にこの世を去りいない。それで、解放されるはずだ!と思っていたのだが。爪が腐り真っ黒になり、シミが普通でなく足の甲に浮き出てしまった。さすがに医者に行かなくてはならないと思い、保険証を再発行した。浮き出たシミを日焼けあとだよと述べるのがマシだというが。

子供の口臭に気づいたらまずは小児科へ!

子供が風邪をひくことは日常茶飯事です。鼻水を垂らしていても鼻づまりで口呼吸していても珍しいことではありません。しかし、鼻汁が鼻の穴から流れ出ないほどの粘度を持ち、濃い緑色をしている時に感じる口の異臭には注意が必要です。

イニオはマツキヨやドンキなどで購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミをレポート!

食べた物に原因がなく、歯磨きをしても消えない口臭は蓄膿症の可能性が高いのです。蓄膿症とは、副鼻腔内にウイルスや菌が入り込み炎症を起こさせることで副鼻腔内に膿が溜まる状態になります。この溜まった膿の臭いが、鼻詰まりのために口呼吸になっている口から口臭として現れているのです。溜まった膿は粘度が非常に強いため、鼻水が垂れ出てこないので、子供の鼻風邪に気づきにくくなります。

また、鼻詰まりに気付いていても、口呼吸で口内が乾燥したことによる口臭と勘違いしてしまう危険もあります。副鼻腔内の炎症は抗生物質の処方薬が非常に有効です。また、鼻炎が続くと聴覚や歯並びに悪い影響が生じる場合もあります。歯の生え変わり期の子供の場合には、乳歯と永久歯が複雑に重なり合うことが原因で、虫歯や歯肉炎が口臭の原因になっていることもあります。子供の口臭に気づいた時には、まずはかかりつけの小児科に相談し、原因を突き止めてもらい正しい対処をしましょう。

シミとは一体どういうものか

「シミとは一体どういうものなのか、正式名は」

肝斑 (かんぱん、Melasma, Chloasma)とは、皮膚にできる色素異常症の一つ。しみとも。形状が肝臓に似ていることからこの名がついた。

http://www.zakkayadoor.com/

顔の中心を軸に左右対称にできる。発症の平均年齢は30歳前後で女性に発生しやすく、妊娠や経口避妊薬はきっかけとなりやすいとされる。また抗がん剤など一部の内服薬も原因となると言われている。

一般医薬品の内服薬のトラネキサム酸に肝斑の適応症があると言われています。

このような正式名称があるわけですから、正式名称で読んだ方が、利口だと思われると思いますし、今度からはこういった感じで読んだ方が良いのではないかと思っています。

しみというと、略して読んでいる感じがあって、例えば人に言う時もこの言い方をするとあんまりよく捉えてもらえないかもしれません。こちらのような正式名称があると言う事は見ておいた方がいいです。

原因ははっきりと分かっていないとされるが、肝臓の機能は無関係である。

妊娠・経口避妊薬が誘引になったり、更年期にピルを内服中にあらわれることがあると言われています。

クリニックに行って改善していくことができるので、できてしまっても諦めずに、クリニックに行った方が良いと思います。

目元のたるみをなんとかしたいです!

アラフィフ世代になると目元に年齢がはっきり出るので、かなりストレスを普段の生活の中で感じるようになりました。やはり目尻部分にシワがクッキリと出ますし、かなり目元のたるみも気になってきたので、リフトアップ効果がある美容液を使ってフェイスマッサージをセルフで行うようにしました。

モイスポイント

顔の中心部分から外側にかけてマッサージを行い、そして下から上へと引き上げるようにマッサージを行いますが、これはリフトアップ効果があるので、一時的にはたるみ改善になります。でも目元にクッキリとでるシワを改善するのは難しいので、どうしたらよいか悩んでいます。

なるべくセルフでケアしたいので、サロンや美容クリニックなど利用したくないです。ヒアルロン酸の注入はハリが出ますが、継続的に行わないとしばらく経ってからまたシワがクッキリ目立つので、違和感を感じるようになるだろうなぁと思い、セルフケアでできる範囲で目元のシワを改善したいと考えています。年齢には逆らえないですが、少しでも目元の印象が変われば良いなぁと思いながら、頭皮マッサージも行いながらリフトアップに効果があるマッサージを色々と試すようにしているので、目元のシワ改善に日々ケアしています。

20代後半になって気になり出したシミ

10代までは特に気にしたこともなかったシミ
20代後半になり、化粧をする度にシミをカバーするコンシーラーが欠かせなくなりました。
10代の頃の私は、化粧をする時、若く綺麗な肌にファンデーションを厚塗りし、つけまつげを付け、チークはこってりと塗りたくるなど、とにかく濃いメイクをしていました。

http://www.oneferryplaza.com/

そして、化粧を落とさずに寝ることや、日焼け止めクリームを塗らずに真夏に出かけることは当たり前のような10代でした。
20代後半になり、年相応のメイクをするようになり初めて自分の肌の汚さを気にするようになりました。

改めて気にしてみると、頬に付いたたくさんのシミ、、
気になり出すと止まらなくなりました。
それからというもの、お風呂上がりにはパックをし、美容液、化粧水、乳液を欠かさずするようになりましたが、10代の頃の代償は大きく、シミが消えることはありません。

あの頃ちゃんと紫外線対策をしていたら、、
学生の頃からしっかりと日焼け止めクリームを塗っていたら、、
という後悔は計り知れません。
美容皮膚科などでシミ取りをするお金はありませんし、高級なスキンケアを購入するし、それを継続するお金の余裕もありません。
お肌にとって一番大事なのは、日頃の積み重ねなのだな。と感じました。

10代の頃の私に言いたいです。
紫外線対策をしっかりして、化粧を落として寝てほしい。と。
それを徹底するだけも20代30代になった時の肌はかなり違うのかなと思います。

髪の悩み、カツラなどについて

カツラは恥ずかしいことで
つまり昔だったらこういうものはしていく事はないと言うような感じが世間一般にありましたが、今の時代で考えてみると別にそんなに関係なく

自身のコンプレックスをどうにかしていきたいと言う思いからやっている人たちが現代では多いので、別に恥ずかしいことではないと思います。

フッサの効果

やはり現代はどういったものが流行っているのかと言う事なども見ておいたほうがいいと思います。

「カツラの歴史を見ていくと」
髪型としてのかつらが現れたのは足利時代とされ、能楽で面とともに扮装用に使われ、その後、歌舞伎など演劇用として発達し、断髪が増えた明治時代以降は、日本髪や巻き上げ髪用として広く使われるようになっていきました。

つまりこういった歴史を知っていくことで、どのように今これから使おうとしているものが歴史をたどってきたのかと言うことを知っていくことができていいと思います。

かつらは、化粧品でも医薬部外品でもないが、頭髪と密接な関係がある雑貨である。かつらを大きく分けると、全頭用と部分用に分類され全頭用は、その言葉どおり頭全体をスッポリかぶせるものでフルウィッグと呼ばれる。全体に頭髪の薄い人、あるいは広範囲におきた多発性円形脱毛症の患者などが使用する。

一方部分用は,部分的に髪の薄い人(AGA)や、手術とか熱傷によって範囲を限った傷や、脱毛部分を持つ人が、その部分だけに限定的につけるもので、AGAにより回復していくことができればこういったもの全般を必要としない場合もあるわけです。

運動はしたくなかったけど…

わたしはどんなダイエットをしてもなかなか長続きがしませんでした。食べ物系もきゅうりやトマトダイエット、オートミールダイエットなどもしてみましたが一向に効果が出ず、しかも食べ物系なので飽きがくるのがとんでもなく早く困っていました。昔から体育の成績が悪かった為運動は選択肢にはどうしてもなかったのですが、これを機会に一度やってみようと挑戦することにしました。

http://www.islatheatreproject.com/

そこで目をつけたのが、家の近所のイオンに最近できたカーブスというフィットネスクラブです。運動時間は1日30分というのも自分にぴったりと合っていると思いました。祖母が通っており、著しく健康になっていく様を見ていたのでわたしも体験入学ということで1か月無料で通ってみることにしました。自分が一番年下でちょっと恥ずかしいなと思うこともありましたが、みなさんフレンドリーですぐに仲良くなれました。

筋トレと有酸素運動を交互に行うというものでそんなに辛くもなかったのが一番大きかったと思います。2,3日に1度通い、無理のない運動なのでだんだん楽しくなってきて、今ではプロテインを飲んでから通う熱のいれようです。体重も健康的に少しずつ痩せてきました。どうやら自分には向いていたようです。なのでこのまま続けていきたいと思います。

ありがとう私の太くて硬い髪

私の髪の悩みは、太くて硬い髪質。子どものころからこの髪のせいで想い描いていた女の子になれない自分が悲しかった。私が望んだのは少し茶色で細くやわらかい髪。そう、私の友達のような…そんな髪ならおろしていても女の子らしいし、結んでもキュートでかわいらしい。ところが私が一つに結んだ時などあまりの髪の量で市販のピンはとまらないし、運が悪ければパチンと飛んで終わりでした。

クイーンズバスルームの薬用ヘアソープ

先日、フェミニンな雰囲気のパーマをかけたくて美容師さんにお願いしたところ「お客様の髪質ですとパーマのもちがあまりよくないと思われますがそれでもよろしいですか?」と確認されてしまいました。「高いお金を払うのにあまりもたないなんて…」なんだか損をするようでパーマはあきらめ毛染めとカットのみお願いすることにしました。

髪を染めながら美容師さんが話してくれたことがあります。「同年代の方と比べて白髪があまりありませんね」私がそうなんですか?と聞くと「少ない方ですよ」とのこと。今まで自分の髪で優越感に浸れたことがなかった私は、まるで出来の悪い子が100点を取ったようにうれしく感じました。

この日、他にも美容師さんから情報を得たのですが、アラフィフになり毛量の多かった私の髪も日々やせ抜け落ちているとか…確かに周りの友達も髪の状態が変わっています。子どもの頃は好きになれない髪でしたが、これまでいっしょに過ごし今も頑張ってくれていると思うと愛着がわいてきました。これからは私の髪のいい部分を生かし健康な髪を目指したいと思います。

半年で4キロ減の無理のないダイエット

あすけんというアプリを使ってカロリーのコントロール計算、1日7000歩から1万歩、時間にすると1時間から2時間以内位のウォーキング、食物繊維と発酵食品を進んで摂る健康的なダイエットに挑戦しました。

ダイエットをする時に起こりがちな肌荒れや便秘を今回は少なくするために、朝はフルーツを摂っていました。(できれば旬のもの。パイナップルやバナナが安価でした。)時にはヨーグルトや豆乳をかけたオートミールと共に食べていました。お昼は基本和食です。

ご飯も食べるようにして、納豆やぬか漬けの漬物など発酵食品も多く摂るように意識しました。http://www.broadfoot-design.com/

夜はタンパク質中心の軽めの食事にして、1日のカロリーの調整をしていました。そして食後は必ず温かい飲み物を飲むことで、食欲を抑えられます。間食もヨーグルト、ドライフルーツのいちじくやデーツを好んで食べていました。

ナッツは肌荒れを起こしやすいので私の場合はやめておきました。お酒や飲み会があった時は通常通りにして、取りすぎたカロリーは次の日で調節しました。

不規則な仕事なので深夜に食事を摂ることもありましたが、過去にやった一日一食と同じくらい痩せることが出来たので、普通に食べても痩せられる事が分かりました。運動も好きでやっていたので時間がある時は低い山にハイキングにいったり、家からデパートまで2、3時間歩いたりしていました。

かしこい私のわんちゃん

私の犬は、一度ペットホテルに預けたことがトラウマで、私たち家族が大きめのバッグを準備したり玄関に置くと警戒をします。Ta-Ta(タータ)

更に会話に聞き耳を立てています。例えば、今度いつ行こうか、わんちゃんのことをどうするなどの会話がしたらすぐに玄関に行って、おやつでつっても微動だにしません。

洗濯物をとりこみながら、そろそろ散歩かなと言った時には、まだ傍で寝ていたと思っていたのに洗濯ものをとりおえるころには、ドッグフードをむしゃむしゃ食べ始めて、玄関にスタンバイして先回りをします。

私が悲しい顔したり、大声で家族と会話をしているときは、私の顔にむかってきて喧嘩を仲裁するかのようなことをします。怒っているわけではないけど、大声をだすことや怒りをあらわにしていることは敏感に感じ取るのです。

仰向けになって満足そうに寝ていたり、こたつ掛けに寝ていて、だんだんこたつの中にはいりそうなぎりぎりのところで寝ているのも愛らしいです。こたつの中には、入ってはだめとしつけをしているので、ぎりぎりのところまでこたつ掛けと共に中にもぐっていて入っていないけどぬくいのを感じて寝ている姿がたまらなく可愛いです。

ドッグフードも追いかけっこをしながらじゃないと、食べないのも可愛いです。いっしょに遊びながら、栄養摂取と言わんばかりにむしゃむしゃと食べる姿は見ていて元気をもらいます。

40代後半で女性ですが薄毛になりました

女性ですが40代も後半で仕事がストレスだらけになり
とうとう前頭、頭頂部が薄毛になりました。

http://www.ellabyebye.com/

全体的にも薄いので、FAGAがもともと遺伝的にあり、
ストレスが原因で発症したのではと予想しています。
おそらくは更年期を伴う年齢やホルモンのせいだと思っています。
また意外でしたが、両親の両方から女性の薄毛の親族がいることが
自分が薄毛になって初めて知りました。

鬼籍に入った人や、自分とは直接顔を会わさない人だったりでしたが
身近な人がこんなことに悩んでいるなんて思ってもみませんでした。
人工毛のエクステや女性用の部分かつらなども考えてみましたが、
費用の面で折り合いがつかず断念。

仕事も辞めましたが、髪が元に戻ることはありませんでした。
今は男性用化粧品売り場に売っているヘアカバースプレーを愛用しています。
「ふりかけ」と呼ばれているスーパーミリオンヘアも試しましたが、
ふけのように肩に落ちてくるのが気になり、簡単に使用できるスプレーを
使っています。

もともと黒髪のためスプレー使用は周りには気付かれていないようですが、
陽の光が強いところにでると透けてしまい、頭がどう見えているのか
外出中はとても気になります。

席に座って上からみられる(もしくはおじぎをする)ぐらいならばれません。
自分にとっては、髪のことを気にしなくていいソーシャルディスタンスは
別の意味でありがたいです。

やっぱりこれは、シミですよね!!

年齢も年齢ですから、肌に多少の問題は出てきております。体格的には、太めですから、シワは、少ないのではないかと思っていますが、これは、本人だけそう思っているのかもしれません。しかし、顔にある、特に、目の下に全体的にある薄暗いもの。

http://www.myavatarandme.com/

気になるような、ものすごく、色の濃いシミは、あまり、みられませんが、全体的には、なんとなくあるもの。これは、やっぱりシミでは、ないでしょうか?一時期は、サプリメントで良さそうなものもあり、飲んでみようかなとも思ったこともありましたが、本当に、治るのだろうか?などと、一人でずいぶん考えました。

この、シミらしきものは、肝斑と、言われるものではないだろうかと、ネットで、何回も、何回も、いろいろ調べはしたものの、医者に行くべきかどうか、いろいろと悩んだ日々もあります。しかしながら、結局、医者へも行かず、相変わらず、放置状態です。二人の娘は、私よりも若いのに、濃いシミが一つあるのを、相当気にしていて、これは、よかったと言って、自分の顔の写真で、3ヶ月前の写真を送ってくれてクリームを紹介してくれたりします。

気にはしながらも、放置している私はやはり、いけないのでしょうね。年齢が年齢ですので、出てくるシミだと諦めず、少しでも、薄暗いものが、もっともっと薄暗くなるよう、何か始めた方が良さそうですね。やっぱりこれは、シミですよね!!がんばります。

毛穴のぽつぽつ

鏡を至近距離で大嫌いである。なぜなら嫌でも目につくぽつぽつ。毛穴である。みかんのようなぽつぽつ毛穴は私の気分を最悪にさせる。肌はつるんとしないし、醜い。毛穴を小さくすると謳う方法をいくつも試してきた。毛穴を引き締めるという化粧水、毛穴の中を掃除して毛穴を小さくする、保冷剤で肌を冷やす…。しかし、どれもいっこうに効果は現れず、鏡に映る私の肌にはあいかわらずぽつぽつが無数に広がっている。

http://www.seopmallorca2018.com/

こんなに気をつかってケアしているのにどうして無くならないのだ!とイライラは増すばかりであった。だがある日、私は衝撃的な事実を知ることとなった。「毛穴のぽつぽつは遺伝子によるものだからどんなにケアしようとも改善できない」私は愕然とした。生まれつきのものであるだなんてとんだギャンブルである。どうやら私は悪いクジをひいてしまったらしい。それは悲しい事実であったが同時に気持ちを切り替えることもできた。

どんなにケアしても毛穴が消えないのならば消えたようにみせるための偽装をしよう、と思えるようになったのである。そして今は目下どうしたらメイクで毛穴をカバーできるのかが悩みである。メイクで毛穴を埋めるのは想像以上に大変なのである。いろいろ試行錯誤しながら今日も毛穴との戦いだ。