髪のヘアカラーでのダメージがひどいというときは!?

髪のうねり、湿気によるパサつきや広がりが気になります・・。最近では、ヘアカラーやヘアアイロンで髪を巻いたりすると毛先のダメージがひどくなってきて、さらに洗い流すトリートメントをしても痛みが気になります。
痛みがひどくなると毛先が枝毛になり、ヘアオイルでも改善されない状況が続いています。特に気になるのは、ヘアカラーによる頭皮の乾燥やかゆみ、痒くて掻いてしまうことによって頭皮にかさぶたができたり・・という悩みに悩まされています。

ファーサ育毛剤の最安値通販は?購入して使用した効果と私の口コミ!

ヘアカラーを続けると頭皮のダメージだけでなく、髪のはりやコシがなくなってきてより髪が絡まったり、ダメージが補修しにくくなります。
ヘアカラーは毛先をブリーチしたり、リタッチカラーだけでなく髪色を変えたくて、新たなカラーを重ね続けるとより髪質のダメージへと繋がっているようです。

今ではお風呂でシャンプーの後に、洗い流すヘアトリートメント、ドライアーで乾かす前にダメージ予防のヘアスプレー、髪乾燥後のヘアオイルは欠かせません。
髪のダメージがひどくなるほど髪にかける美容費用がかさみ、だんだんと美容院でのヘアリートメントもすぐに取れてしまうし、ヘアカラーのもちも悪くなっています。
そんなダメージを改善しようと、シャンプーやトリートメントにはより一層気にしていこうと思います。

乾燥肌対策と美肌スキンケア

春や季節の変わり目は肌が荒れやすく、予防や対策が大変ですよね。
今の時期、花粉症が一番肌トラブルの原因でお困りの方も多いかもしれません。
肌トラブルは食生活やストレスからくることも多く体の中から気を付けることも重要です。

MELLIFE(メリフ)の効果を辛口評価で徹底レビュー!3ヶ月間使用した私の口コミを暴露します!

乾燥が酷い人はいつも季節で同じものを使っているのは危険かもしれません。
基本的に化粧水をたっぷり使い水分を補うことが肌のうるおいを保つ秘訣です。
そのあとの乳液を塗っておしまい、だと肌の水分は守り切れていない場合があります。
乳液のあと保湿クリームを塗り乾燥を防ぐことがおすすめです。
今使っているスキンケア自分にあっているものをお使いでしょうか?

スキンケアと同様に重要なのがクレンジングです。
クリーム、オイル、ジェル、シート、さまざまなタイプのものが売られています。
オイルを使われている方が多いかと思いますが
オイルは洗浄力が高い分、バリアの役目のある必要な油分も持って行っている可能性が非常に高いです。
濃いアイメイクにはオイルクレンジングを使うなど必要な部分で分けて使うのがおすすめです。

肌のタイプには、乾燥肌、混合肌、脂性肌タイプとそれぞれ症状や対策法も異なるため
今のスキンケアやコスメがあっていない場合もあるので、
今一度自身の肌の状態を確認してみましょう。

正しいスキンケアで自身の肌をよりよい状態で日々快適に美しくいられるようにしていきたいですね。

30代からの髪の毛の変化

私はもともと太くて硬い毛質で、10代、20代の頃はそれが悩みでした。
美容院へ行き、なるべく髪の毛をすいてもらったりして凌いでいました。

しかし、30代に突入し、美容師にいつもの通り髪の毛をなるべくすいてくださいとオーダーをしたところ、
これ以上はすかない方が良いと思いますと断られるようになりました。

ヘアリシェ育毛エッセンス

私は髪の毛が多ければ、その分すいてボリュームダウンすればいいのではないかという単純な考えを持っていたので、
その美容師の意見に納得がいきませんでした。

インターネットで同じ悩みを持つ人がいないかどうか検索をしてみました。

すると、ある美容師のブログにたどりつき、
「髪の毛のボリュームがすごいので、髪の毛をたくさんすいてくださいと言ってくるお客様がいて困っている。
髪の毛の質が悪いと、髪の毛をすけばすくほど広がって見えるようになる。でも説明してもわかっていただけない。」
と書いてありました。

私はそのブログを見て気づきました。
自分の毛質が変わってしまったということに。

そう気付いてからというもの、
パサつき、ひろがりばかり気にするようになりました。

20代までは髪の毛の太さと量だけが悩みでしたが、
年齢を重ねるにつれ、悩みが増えるものなんだなぁと実感しています。

口臭が日常生活で気になる方

日常生活で口臭は気になりませんか?
それは歯茎の腫れなど歯周病が原因の可能性があります。
(普段にんにくやアルコールなど毎日摂取されてる方は別です)
私は昔歯科医院で勤めていたことがあり口臭がきつい方のほとんど原因が歯周病を患っていました。

イニオの口コミと評価!

歯周病は主に歯石の付着や歯槽膿漏が原因です。
歯医者に行けば治療をしていただけるのですが歯医者だと何回か通わないといけません。
仕事勤めで忙しい方はなかなか通うのが難しいのと歯医者は虫歯を治療してくれる場所との認識が多いと思います。
虫歯がないから歯医者へ行きたくないという方がほとんだと思います。

私も歯医者に勤めていましたが歯医者の治療はなれないです。
しかし家庭でも歯周病の予防や改善はできます。
まず歯磨き粉の発泡剤が少ないのがおすすめです。
発泡剤があれば歯磨きをした感覚がありますが歯周病の予防にはならないです。
発泡剤が少ない塩が含まれた歯磨き粉も歯茎の引き締め効果があります。

それと歯茎のお手入れが必要と思います。
まず歯間ブラシがおもに利用される方が多いと思いますが慣れてきたらデンタルフロスの使用もおすすめします
デンタルフロスは最初は鏡を見ながら一本一本見てからでないと扱いがむずかしいのですが歯間ブラシよりもさらに歯茎の中を掃除してくれます。

最近では100円ショップにも歯医者さんなどで使用する小さな鏡やつまようじの細い器具など売っています。
上記などを利用して歯周病や歯石など付着の予防をし口臭対策に努めましょう。

自分の髪について学生時代に気づいたこと。

現在30代1児の母です。

私の学生時代の髪の悩みについて書いていきたいと思います。お時間の許す限り、読んでいただいて共感または楽しんでいただけたらと思います。

http://www.cetc-hmr.org/

物心がついて、オシャレに興味を持ち始めてから、自分の髪の生え方・髪質・髪の量を気にするようになって、髪の見た目に気を配るようになりました。

私が中学生の頃はストレートヘアが流行っている時で、中学3年になると先輩もいなくなるので、周りの友達もだんだんと髪をストレートアイロンでセットしたり派手目なヘアアレンジをしたりと、少し調子に乗り始めてきた時のことです。

私も流行に乗りたくて、母にわがままを言って、その当時施術に1万円前後かかる縮毛矯正をしてみることにしました。

仕上がりに期待をしながら施術をしてもらい、髪を乾かして仕上げをしてもらった時、期待とは大きく違ったペチャンコの髪を頭に貼ったような自分が鏡に映っていました。

言葉を失いました。明日から学校どうしよう。。。帰りの車の中でそればかりを考えていたのを覚えています。

そうなってしまった原因はズバリ髪の質と量なのです。

特に透いたわけでもなかったのですが、私の髪は細くて少なかったため、縮毛矯正をしたことでその少なさが際立ってしまい、顔が大きく見えるようになってしまったのです。イメージ的には失敗したギャル男のような感じですね。。

それ以来、強制縮毛は絶対にしなくなりましたし、自分は髪の量が少なく見えるタイプなのだと知ったおかげで、なるべくストレートにはしなくなりました。

流行に乗る前に、自分の髪質や髪の量を知っておくことはとても大事なんだな、と思いましたね。

私はお肌がとてもぶよぶよで困っています。

私は二人目の出産後とても具合が悪くなった時期がありました。そのときに顔にも不調が出て、顔のほっぺがかなりぶよぶよになりました。これは加齢のせいなのか?と思ったのですがなかなかそうはいかず心配していましたがやっぱりそのままでなおらず現在まきています。

http://restaurantemanodesanto.com/

気持ち的にも余裕がなくてなかなか思い通りに行かないことが多かったのですがやっぱり子供がいるとそれはそれで自分にかけるお金が少なくなってしまいますから仕方がないとは感じています。しかし最近思うことは私はなかなか思い通りにお肌が行かないということは思い通りの人生を歩めていないんじゃないかなということなのです。

なかなかなんと言えばいいのかわからないのですがしかしながらどうしようもないことも多くてこのお肌はどうしたらいいのかわからずにいるのです。なかなか人と会うことも億劫になってきました。辛いです。しんどいです。

この先どうなってしまうのかわかりません。大好きなお化粧もするきになりませ。きっと私はいい気持ちでいられることができじゃいんじゃないかと最近になって感じてしまいます。何となく辛いのでどうしようもないですね。しんどくてしんどくてとてもつらいです。

★私に一番あったダイエット方法

20代半ばの頃から、ぽっちゃり体系だった私は色々なダイエットを試してきました。

2~3日だけで終了したものは除いても、記憶に残っているだけで
お恥ずかしながら、以下の方法に失敗しております…。

メタシボリ

・リンゴだけダイエット
・炭水化物抜きダイエット
・サラダだけダイエット
・ゼリーだけダイエット
・18時以降は食べないダイエット

・ウォーキング
・スイミング

などなど…。

1~2週間は続くも、●●ダイエットとつくものは辛くなってやめてしまったり
ウォーキングやスイミングは、仕事が忙しくなると自然に遠のいてしまったり…。

色々言い訳を並べても、悲しいですが
結局は自分の意志の弱さが原因です。

そんな意志の弱い私でも、かれこれ1年近く続いている減量法があります。
些細なことなので、ダイエットとまで呼べるか分かりませんが
その方法は、ずばり「こんにゃくかさましダイエット」です!!

まずは、何が何でもセーブするというスタンスで臨むと
結局は失敗に繋がることを、過去の自分の経験で知っているので
基本は「食べてはダメな食べ物」は作りません。

白米も普通に食べますが、まずは毎日使用するご飯茶碗をやめて
少し大きめの小鉢位の食器を、ご飯茶碗として使用してます。
感覚でいうと、普通のご飯茶碗の半分位の量ですかね。
もちろんおかずも普通に食べます。

そこに!!
食品として、こんにゃくをプラスします。

プラスする方法は、大体以下の方法を用いてます。

■白米を多く食べたいようなおかずの場合(例:唐揚げとか)
 →しらたきを刻んで茹でて、白米に混ぜてかさましする。

※以下をもう1品とし、おかずを増やしてお腹いっぱいにする。
■玉こん(醤油味付け)
■糸こん(醤油味付け)
■味噌田楽

白米もおかずも普通に食べているので
無理なく減量することが出来ました!!

そんなに大きな結果ではないかもしれませんが
5キロ減を約1年位キープしております。

皆さん、気が向いたら試してみてはいかがでしょうか★