ありがとう私の太くて硬い髪

私の髪の悩みは、太くて硬い髪質。子どものころからこの髪のせいで想い描いていた女の子になれない自分が悲しかった。私が望んだのは少し茶色で細くやわらかい髪。そう、私の友達のような…そんな髪ならおろしていても女の子らしいし、結んでもキュートでかわいらしい。ところが私が一つに結んだ時などあまりの髪の量で市販のピンはとまらないし、運が悪ければパチンと飛んで終わりでした。

クイーンズバスルームの薬用ヘアソープ

先日、フェミニンな雰囲気のパーマをかけたくて美容師さんにお願いしたところ「お客様の髪質ですとパーマのもちがあまりよくないと思われますがそれでもよろしいですか?」と確認されてしまいました。「高いお金を払うのにあまりもたないなんて…」なんだか損をするようでパーマはあきらめ毛染めとカットのみお願いすることにしました。

髪を染めながら美容師さんが話してくれたことがあります。「同年代の方と比べて白髪があまりありませんね」私がそうなんですか?と聞くと「少ない方ですよ」とのこと。今まで自分の髪で優越感に浸れたことがなかった私は、まるで出来の悪い子が100点を取ったようにうれしく感じました。

この日、他にも美容師さんから情報を得たのですが、アラフィフになり毛量の多かった私の髪も日々やせ抜け落ちているとか…確かに周りの友達も髪の状態が変わっています。子どもの頃は好きになれない髪でしたが、これまでいっしょに過ごし今も頑張ってくれていると思うと愛着がわいてきました。これからは私の髪のいい部分を生かし健康な髪を目指したいと思います。

年齢と共に髪の悩みも増えていく

更年期になるにつれてカラダの不調は色々あるとは聞いていたものの、髪にも影響してくるとは自分の身に起こるまで知らなかった。http://www.yannlestrat.com/

自分の場合は40歳を過ぎた頃から白髪が目立つようになった。そして徐々にツヤやまとまりがなくなってきた。シャンプーとコンディショナーだけではまとまらず、トリートメント類も使うようになった。そして50代になり、また新な悩みが出てきた。抜け毛が日に日に目立つようになっている。原因を調べることでこんな髪の悩みは年齢のせいだけでないそうですね。

閉経前後の特徴としてあることや食生活の栄養バランスもストレスも関係しているようです。ヘアケアにお金をかけた若い頃に比べ、日常の忙しさと手軽さ、毎日汚れをおとすものだからどんなシャンプーでもいい、安ければいいと思っていて今は後悔しています。

今からでもシャンプーの見直しとかをしてもいいようですが行動に移せません。同い年の友人が会うたびにサロン帰りのような髪質を保っています。「声をかけられそうになった」と聞きました。

彼女が使っているシャンプーは数年前に爆発的な人気で定番化されているあのボタニカルシャンプーでした。私も一度使いましたが違いがわからないし、高いと思う方なので使わなくなりましたが、使い続けないと効果が実感できないとその友人の髪を見て実感しました。