食事から紫外線対策を紹介します。

紫外線対策は、夏にやっても遅いと、近年テレビ番組やラジオ番組で言われています。美容と同じように、肌に日焼け止めを塗るだけでは、紫外線対策とはいえません。内側からも紫外線対策をすることが大事と、専門家の方たちが推奨され始めました。
特に春4~5月になると、急激に紫外線が増えると言われています。少量の紫外線を浴びるのは、骨粗しょう症の予防になります。しかし、大量に浴びると、シミ・そばかす・しわをつくる原因になってしまいます。10代、20代は、肌の再生ができますが、30代、40代になると再生されにくくなります。

ヴィオテラスCセラムの評価!

日焼けすると、赤くなり痒くなる・・・どうしてなの?
ここ数年前から、私は、日焼けすると皮膚が赤くなって発疹の症状は、痒くて苦痛です。どうしてなんだろうといろいろ調べてみました。対策として日焼け止めクリームを出かける時には、必ず塗っていましたが、一向に症状が改善されずモヤモヤしていると、テレビの健康番組を見ていたら「日焼けは、体の内側からすると良いと聞いて、「そうか、外側だけでなく、内側からも効果があるなんて初めて知りました。まず、トマトが紫外線対策に良い効果が得られると、調べてなるほどと思いましたが、毎日食べるのは大変でした。どうすれば良いのか考えました。そこで思いついたのがジュースです。トマトジュースだったら手軽に飲むことが出来ました。それからは、現在も飲み続けています。

それと同時に日焼け止めのサプリメントも飲み始めました。飲み続けているうちに日焼けしても、以前のように痒くなることはなくなりました。
日焼け止めのクリームだけでは、私は効かなかったのでした。それは、もしかして・・・年齢のせいなのか、栄養バランスがよくないと体が訴えのシグナルです。
内側からケアをすることにしました。1ヶ月、続けてみるとよくなってきました。
今、思うと栄養バランスがよくないという暗示だったですね。